2019年07月16日

気合い入りすぎ

ブログ、久しぶりだ。書く事は山ほどあるのに、忙しさもあって、一旦書かない期間が長くなると、なかなか次に書くプロセスに辿りつけない。
今日は社内で上期のインクジェットの講座。さすがに一人で6時間半、立ちっぱなしで喋るのはきつい。これまでも体はきつくても充実感あったので、また次もやる気が出たけど、疲れのほうが大幅に上回る今日の講座です。
大学の時の教育実習(物理)でも、授業の声が大きく熱血先生と呼ばれ、隣の教室の先生からはうるさくて授業にならないと言われた時から今も変わってないけど、スタートから終了まで、気合い入りすぎ。
技術の話だけなら、そんなに気合い入れる必要無いけど、聞きに来てる人の殆どはインクジェットの技術者では無く、電子写真との比較とか、今後のインクジェットの行き先を知りたがってるのだから、力入る、
これじゃ疲れるわけだ。しかも若くはないし。
こっちが気合い入りすぎてると、そりゃ聞いてる方は質問し難いだろうな。質問する隙も与えてないみたいだし。もちろん終わったあと、質問は沢山あったけど、もっと質問したかった人は大勢いただろうな、と今日も帰り道で反省しきり。社内という事もあって、余計に気合い入ったし。
でもそれを無くすと自分らしさが無くなるし。
とにかく今日はゆっくり休もう。
今週は木、金も画像学会の教育講座だ。体力回復せねば。
p.s.
疲れ過ぎてビールを飲む気もおきない。
こりゃ重症だ。
posted by インクジェット at 19:41| Comment(0) | その他

2019年01月08日

足りない英語力を補う論理力?!

本日,朝からアメリカとイギリスをつないだWEB会議.
これまで海外の会社との共同開発,海外学会等での重要ポジション,会議の議長やコンファレンスでの基調講演,主に英語圏ではあるが仕事で実績を残してきたし,周囲からは英語ができると思われているらしい(とっくに見抜いている人もいますが).外国人相手の英語でのセミナーも何度か行った.
実は難聴に近く,特に高周波数帯が聞こえない.人間ドックでも必ずチェックが入る.高い周波数域を多く含む英語のヒアリングには苦労する.
もちろん会社での昇格にはTOIECのスコアが必要だし,それなりの英語力はある.
それでも保持している英語力以上に評価をされ,実績を起こせたのは,論理力だと勝手に思っている.私よりはるかにTOIECスコアの高い人と一緒に会議に出ても,私が主導権を握る.
議論の流れ,相手の主張,聞こえない部分は論理力で補う.もちろんこれがとても危険な,ましては仕事上危ないやり方であることもわかっているし,失敗もある.でも,高音域が聞こえない耳は聞こえるようにはならない.
まだこれから数年は,集中力を研ぎ澄ませたこのやり方に頼るしかない.海外との仕事はまだまだ残っている.
仕事で英語が必要なくなる日が来たら,どんなにホッとするだろう.でもちょっぴりさびしいかも.
https://www.inkcube.org/
posted by インクジェット at 19:48| Comment(0) | その他

2019年01月06日

本年もよろしくお願いします

inkcube.orgの活動を正式にスタートしてちょうど1年が経ちました.
facebookの閉じたグループでは,時折インクジェット,3Dプリンタに関するトピックスについてコメントをしていますが,このブログでもこれらの技術やその他テクノロジー全般について,思うところを記載してみたいと思います.
今年はまず,2016年に慶應義塾大学と共同で提案した3Dデータフォーマット'FAV'のJIS化を実現します.
これまで約半年,JISの独特の表現や決まりに戸惑いながらもJAS(日本規格協会)の助けを借りながら,FAVフォーマット(ver.1.1a)のJIS文章を作成してきました.今年度末(3月末)に提出し,審査,パブリックコメントを経てJISに登録される予定です.
私が所属する会社は,インクジェットのコンシューマ,オフィス向け商品をほとんど出していません.従って(自社製のインクジェットヘッドは全て私が設計しましたが)自分が開発して市場に出た商品はごくわずかしかありません.
ある会社のCMの'地図に残る仕事'ではありませんが,自分の仕事が世の中に残れば素晴らしいと思いますが,残念ながらインクジェットプリンタとしてはあまり残っていないのです.FAVがJIS化できれば自分の仕事として残せるものの1つにになると思います.
2008年に書籍「インクジェット」,2018年に「改訂版インクジェット」の監修・執筆を行ったときもその思いがありました.今年は別なテーマでの監修・執筆に取り組み,2020年の上梓を目指します.新しい書籍の内容については,またこのブログで紹介したいと思います.
今後ともinkcube.orgをよろしくお願いいたします.
https://www.inkcube.org/
posted by インクジェット at 13:46| Comment(0) | その他