2019年05月19日

Gutenberg Prize

Great Achievements and contributions to inkjet technologies and evolution concept to Three-dimensional technologies
2019年のJohann Gutenberg PrizeをIS&Tから受賞しました.先頭に書いた文章が,受賞理由です.
インクジェットでの研究実績が認められたのも嬉しいですが,受賞理由に「3Dへの進化論」というのが入っているのが,なお嬉しい.
確かに過去,IS&TのJournalにも何本かの論文を出していますが,高いレベルの論文を出している人は他にもいます.自分なりに受賞できた理由を分析すれば,単に技術的なレベルの高さだけではなく,インクジェット技術全体をMOT的に俯瞰した研究者・技術者は非常にユニークなんだと思います.もちろMOTの研究者がインクジェットをテーマーに取り上げて論じることは時々見られますが,インクジェット側からそういう見方をしたのはまれだと思うし,さらに分析するだけでなく,そこから導いた結論を自ら実践していることもインクジェット側にいるからこそできることだと思います.
グーテンベルクの発明した活版印刷は,革新的な技術であっただけでなく,その後ルネサンスの拡大や宗教革命につながるなど,社会を大きく変える手段になりました.グーテンベルク賞の受賞は,これまでの私のインクジェット,3Dの研究成果が次につながるものだと評価されたのだと考えたいし,この先,社会を大きく変えていくところまで,研究活動に関わっていきなさい,という使命を与えられたものだと改めて感じました.
posted by インクジェット at 14:24| Comment(0) | Technology

2019年04月02日

和歌山(2)

革新的な技術を生み出しても,その技術が変える可能があるバリューチェーンやビジネスモデルにまで踏み込まなければ,起こる変化は限定的だと前回のブログで書いた.バリューチェーンに存在するプレイヤは自らそれを破壊する動き(革新的な技術の導入)を起こすことはまれであると.
インクジェット技術を「早い」,「きれい」,「安い」という既存プリント技術の評価軸で評価した場合,全ての軸で優位性を持っていれば代替は(時間はかかるが)いずれ起きる.しかし,これまでとは別の軸に価値が生まれる場合,たとえばオンデマンド対応(多品種,少量対応)という価値があったとしても,従来の価値軸での勝ち負けが重要な決め手になることは良くあることである.ましてや新しい価値がぼんやりとしかユーザー側に見えなければ,なおのこと代替は起きない.もう少し具体的な話をする.画質(堅牢性含む)に関し,既存の印刷を見ている人は,印刷と同じ画質であることを望む.それを最終顧客(クライアント,一般あるいは消費者)が望んでいると信じている.確かに長年の経験からその閾値を引いているから,全てにおいてそれが過剰だとは言えない.市場で絶対に品質問題を起こしてはいけないから,閾値を高くしているのも理解できる.しかし,単に横並び意識が強いだけであるなら,もっと閾値を下げても大きな問題にならないことも現実にはある.
技術の提供者が最終顧客にもなり得る立場であれば,少しばかり冒険が出来る(閾値を下げる)ないだろか.また,新規技術を導入する際に,妥協できる軸も良く理解しているのではないか.花王はインクジェットの技術提供者でもあり,それを享受するユーザーでもある.他が出来ない大胆な試みを期待するし,それが花王へのチャンスにもつながると思っている.
https://www.inkcube.org
posted by インクジェット at 14:38| Comment(0) | Technology

2019年03月23日

和歌山

インクジェット技術部会の合宿で、和歌山の島精機製作所と花王を訪問。8回目となる合宿のうち、3回が和歌山。和歌山にはユニークなアプローチをしていて、訪問したい会社が多い。
島精機製作所については、シームレスの編み機、つまりホールガーメント機の開発を知っていたし、つい最近、日経ビジネスで島会長の記事を読んでいたので、革新的な技術を世に出した会社という認識だった。今回、訪問で見学したりお話を聞き、良い意味でその認識は間違っていた。
技術革新がいつもイノベーションにつながるわけでは無いが、ホールガーメントは、アパレルのサプライチェーンやビジネスモデルを変える(変えた)可能性、つまりイノベーションのポテンシャルを持っている。
多くの場合、企業が、特にハードウェアで大きな技術革新を起こしても、それが次に起こし得る商流や物流の変化にまでその企業が立ち入らないために、イノベーションが起きない、広がらない事が多い。イノベーションは従来のプレイヤーを取り除いてしまう副作用があるため、既存のプレイヤーは自ら新しい変化には積極的に関わらない。では誰がそれを担うか?勿論先駆者もいるだろうが、技術革新を起こした自らがそこを引き受けるべきであろう。
島精機製作所は、そこに手を打っていた。そこに感激した。
また、100人近い人材を、自らの製品を使ったアパレルのバリューチェーンのモデルに当てているのも驚きだった。出来上がりを商品化してもおかしくない規模とレベルのものを、単にお客様の対応のために備えているとは。お客様の対応と言っても機械の保守ではない。新しく生まれるビジネスへの備えに見えた。
花王にも同じような事例を見た。これは次回。
https://www.inkcube.org
posted by インクジェット at 13:42| Comment(0) | Technology

2019年03月15日

2.5D

所属学会の年次大会で[2.5D,加飾]のセッションを,他の技術部会と合同で企画中です.ここでは2.5Dはその名の通り,2次元から少し厚み方向に凹凸を持ったプリント物であり,加飾は2.5Dやメタリック含むCMYK以外の色で表現したプリント物と考えています.
各社からこのような多彩な表現が可能になったプリンタが発売されていますが,この技術,市場をデータのワークフローや付加価値からも切り出して,現状の課題や対応を議論しようとしています.
この企画を中心に進めている私を含めた4人が,ワークフローの上流(デザイナ)を何度か訪問し,話を聞いていますが,必ず先方が驚かれる事があります.
それは…私は富士ゼロックス,他の3人はそれぞれC社,R社,KM社だからです.プリンタ業界でこの4社はまさに競合で,2次元では激しく争っている会社の人が,一緒にいる事が不思議に思われるようです.もちろん学会や標準化で競合同士が一緒に活動している事は,別に珍しい事では無いのですが,さすがにこの4社から一人ずつ集まったのは,ちょっと珍しいかもしれません.
2次元の上空で目指す方向を共に探っていく,それで良いのです.
ただ2次元の上空としては,2.5Dは低すぎるかな.
それにインクジェットの2次元でも,競合同士でこの技術を活性化しようとしているのが,私のいるインクジェット技術部会だし.
うまくまとまらない今日のブログでした.
https://www.inkcube.org
posted by インクジェット at 10:42| Comment(0) | Technology

2019年03月12日

2D,2.5D,3D,そして4D

少し前になりますが,先々週,今年2回目のセミナー講師をしました.今回もテーマはインクジェットと3Dプリンタ,つまり2Dと3D.いつもより長く9時半から5時まで.受講された方,お疲れ様でした.
今,所属学会のコンファレンスで2.5Dの企画をしています.2.5Dの話は別の機会にするとして,2D,2.5D,そして3Dまで私のスコープになっていますが,そんな私に「4Dプリンタ」の話をして欲しいというオファーがありました.
そもそも4Dプリンタの定義はありません.色々な人が色々な事を言いますが,そういう時期なのです.ガートナーのHype Cycle(新興技術領域)にも4Dプリンタが載っていますが,まだInnovation Trigger(黎明期)であり,実態は何かわからないまま期待が高まっている,そんな状況だと思います.昔から4番目の軸(Dimension)は時間(t)(による変化)だ,という事は言われていましたし,最近は物理刺激による形状変化まで含める人もいます.形状を変えるということは,それによって価値を見出しているからであり,私は設立した4DFF研究会のスコープでもある,新たな価値創造を4番目の軸として考えています.そういう説明,事例を,そして価値を提供する機能に関する情報を保持するFAVを紹介するつもりです.
講演は5月末です.どういう反応があるでしょうか.
https://www.inkcube.org
posted by インクジェット at 18:58| Comment(0) | Technology