2021年03月26日

インクジェットトリビア(2):請求項の多い特許

インクジェット関連で一番請求項が多い特許は?
それはキヤノンから出願され登録された第3188524号である.サーマルインクジェットヘッド(発熱体の組成)に関する特許で,なんと請求項が272ある.(登録時も272の請求項のまま)
1992年に出願され,1997年に審査請求され2001年に登録された.その後2009年まで特許料,いわゆる年金が納付され維持されている.審査請求の際の費用は(2021年3月時点の価格であり,1997年ではもっと安い)
基本料金+4,000円×請求項の数
であるから,現在では13,800円+1,088,000円かかるわけで(毎年の年金も請求時よりは安いがそれなりに費用がかかる),よほど抑えておきたかった発明だったのだろうか,それとも製品に採用したのだろうか.しかし特許権が消滅する前に年金支払いを止め特許権は消滅している.
世の中にはもっと多くの請求項を持つ特許(正確には出願)があり,
特表2007-514472は,実に請求項が19,368もある.さすがに審査請求はされていない.(審査請求に7千万以上かかる)
posted by インクジェット at 16:34| Comment(0) | インクジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。