2019年05月19日

Gutenberg Prize

Great Achievements and contributions to inkjet technologies and evolution concept to Three-dimensional technologies
2019年のJohann Gutenberg PrizeをIS&Tから受賞しました.先頭に書いた文章が,受賞理由です.
インクジェットでの研究実績が認められたのも嬉しいですが,受賞理由に「3Dへの進化論」というのが入っているのが,なお嬉しい.
確かに過去,IS&TのJournalにも何本かの論文を出していますが,高いレベルの論文を出している人は他にもいます.自分なりに受賞できた理由を分析すれば,単に技術的なレベルの高さだけではなく,インクジェット技術全体をMOT的に俯瞰した研究者・技術者は非常にユニークなんだと思います.もちろMOTの研究者がインクジェットをテーマーに取り上げて論じることは時々見られますが,インクジェット側からそういう見方をしたのはまれだと思うし,さらに分析するだけでなく,そこから導いた結論を自ら実践していることもインクジェット側にいるからこそできることだと思います.
グーテンベルクの発明した活版印刷は,革新的な技術であっただけでなく,その後ルネサンスの拡大や宗教革命につながるなど,社会を大きく変える手段になりました.グーテンベルク賞の受賞は,これまでの私のインクジェット,3Dの研究成果が次につながるものだと評価されたのだと考えたいし,この先,社会を大きく変えていくところまで,研究活動に関わっていきなさい,という使命を与えられたものだと改めて感じました.
posted by インクジェット at 14:24| Comment(0) | Technology
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。