2019年02月12日

Jet Fusion

HPのJet Fusionの小型化300シリーズ/500シリーズの説明会に参加.
3Dプリンタが本格的生産に向かう中,生産性,材料範囲拡大,あるいは精度や強度に対する課題が大きくなり,これまで標準化の中で分類されてきた7つの方式(いずれも20〜30年前に提案)には分類されない,新しい組み合わせによりこの大きな課題を乗り越える方式,製品が導入されています.
これはIS&TのP4F2017の基調講演でも話し,昨年の論文にまとめたように,インクジェットで商業印刷の大きな課題に対応するため,従来の機能集中型進化(CFP)ではなく,機能分担型(SFP)が起こっており,ここでは新たな組み合わせ,すなわちArchitecturalな試行が必要だと話しました.そしてそれが3Dプリンタにも起きていると.
HPのJet Fusionは数多く起きているArchitecturalな試行の中で,最も成功しているように見え,期待出来るものだと思っています.
で,小型化,カラー対応の580ですが,粉体は従来(4200)と同じPA12ですが,白色度を増すためにTiO2を加えているので,従来機との互換性はありません.
また,Agentも従来通りIR吸収するFusing Agentと,Detailing Agentがありますが,外側0.5mmには,透明のIR吸収剤であるBright Fusing Agent Agentを噴射し,この領域をカラー化します.
消耗品には蒸留水があり,小型化のために粉体を風で送るようにしたため,乾燥防止(静電気防止)のために加湿するそうです.
ラインヘッドが2本,そしてノズルチェックのために紙にプリントする機能がある.
500シリーズは日本では今年の夏に発売予定.
とても期待しています.ただ,ボクセルレベルといつも言ってるのに,ボクセルフォーマットには未対応.FAVに対応して下さい.
https://www.inkcube.org
【3Dプリンタの最新記事】
posted by インクジェット at 17:59| Comment(0) | 3Dプリンタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。