2021年07月29日

オフィス論争は終焉か?

衝撃的なニュースだった.HPがPageWide Printheadによるオフィスプリンタ市場から撤退するという知らせだった.このニュースには残るはエプソンだけ,と書かれていたことからいつの間にかキヤノンも撤退していたことになる.
SOHOやSMB向けのシリアルプリンタの販売は続けるようだが,電子写真とまともに競合する市場からは撤退する.
当初,この状況を理解する合理的な理由が見つからず,インクジェット技術交流会のSNSにこの話題を振り,反応を見てみた.
社内での電子写真との競合を理由に挙げられる方がいた.これまでもオフィスにインクジェットが進出できない理由として社内競合は取り上げていたが(キヤノン,リコー,コニカミノルタ,旧富士ゼロックス,東芝テック他),HPは電子写真の自社技術を持たず(液体現像を除けば全てOEM),それゆえこれまでインクジェットで強気に攻めて来れたのではないだろうか.
他の方は「オフィスの文書は乾いたプリントが普通で・・・」,そう,結局長年慣れている状態(常態)から抜け出せなかった結果,レーザーバイアスと言い続けてきた状況の終末が,結局インクジェットがオフィスのど真ん中に入れず市場を確保できず,撤退となってしまったのだと,自己完結.
2016年から主にオフィス市場の「インクジェット vs. 電子写真」をテーマに3回の討論会を開催,話題提供やファシリテーターをして,何故インクジェットがオフィスで本格的に使われないのか,を徹底的に議論してきた.
もちろん(普通紙上の)画質の差は大きいが,ドキュメントベースではない現在のオフィスの仕事のやり方ではインクジェット画質は十分許容される.(今のオフィスではプリント物の多くは必要な情報を得たら廃棄されるかリサイクルされ,一時的なビューワーに過ぎない.そういう中で電子写真が優れている保存性や普通紙画質は選択基準にならないはず.)
むしろ低消費電力や安いボックスコスト(装置の値段)など,インクジェットの優位なところがどうして受け入れらないのかと.
これまで3回討論会をしてもまだ議論は足りず,第4回をやろうと考えていたがHP,キヤノンの撤退でもうこの議論はオフィスに関しては再開の必要がなくなってしまった.残るはエプソン.ここまで強気でやれて来れたのも碓井さんの思いが強かったからだと思っており,碓井さんの影響力が無くなってきたら,エプソンもどうなるかわからない(エプソンも電子写真を持たないから,続けざるを得ないだろうが).そうなればもう完全にこの議論は終わりを迎えるのだろうか.
で,ここからが結論.
実は電子写真もオフィスでの市場は縮小している.つまりプリント自体がオフィスから減ってオフィス全体の市場が縮小し,単にインクジェット側が先に出て行ってしまっただけ.
電子写真は出ていきたくても出ていけないだけではないか.
そういえば一番最近の上記討論会で私が準備した資料に
「それとも,このままIJがEPに追いつく前にオフィスでのプリントそのものが,なくなりはしないか?」
と書いていた.これだ!
posted by インクジェット at 10:21| Comment(0) | インクジェット

2021年07月21日

残インク量と消費者の不満

インクジェットに関する一般消費者の不満,あるいはネットへの投稿における話題を見ると,インクカートリッジ(タンク)交換時のインク残量,すなわちインクカートリッジを交換する(交換せよとのアラームが出る)際,実際にどれくらいのインクが残っているのか,あるいは実際にカートリッジを分解して「こんなに残っているではないか」というのが多いのではないか.先日もカートリッジを分解してその内部の詳細な写真を掲載しているサイトを見つけた.
カートリッジに残り,捨てられるインク量はランコストを決める重要な要因であり,コンシューマプリンタのみならず全てのインクジェットプリンタを所有,使う人にとっては重要な特性である.
プリンタメーカーの肩を持つつもりはないが,あまりコストをかけず(つまりインクカートリッジの値段を上げず)リーズナブルなコストでの残インク検知精度とアラームタイミングの結果が現状であり,決してインクを多く残してインクカートリッジでの儲けを増やしたいと思っているのではない(と思いたい).私の商品開発部にいた経験からもあえてそんなことはしないはずである.
コンシューマプリンタでは一般的には光学的な残量検知とピクセルカウント(何滴吐出したか)の併用で,インクがなくなるタイミングを予測し,アラームを出している.
当然リーズナブルなコストでの検出やカウントでは誤差が生じる.ただし[インク無しアラーム]はその誤差の中心で出すわけにはいかない(アラームが出たタイミングのプラスマイナス●%でインクがなくなります,という設定はできない).なぜなら早めになくなる方に誤差が生じた場合,アラームが出る前にインクが無くなってしまい,カスレや色相変化などの画像欠陥が出てしまう危険性があり,それは避けなければならない.個人で使っている分にはそれでも許してもらえる場面もあるだろうが,年賀状や高価な光沢紙のプリント途中での画像欠陥はやはり許されず,誤差のプラス側にアラームタイミングを設定せざるを得ない.
メーカーはリーズナブルなコストで誤差をさらに小さくする努力も必要であるが,消費者のため(欠陥を出さない)という思想に基づいているからこそ,インクがカートリッジに残ってしまうことがあることをもっと丁寧に説明すべきである.
また,インク残量少ない(無し)アラームが出たら,交換するまでプリントできないという仕様がコンシューマプリンタにおいて残っているとすれは変更すべきである.
posted by インクジェット at 16:18| Comment(0) | インクジェット

2021年07月02日

新規市場と参入戦略

2週間後に開催する日本画像学会技術講習会のインクジェット基礎講座の申込者に,事前質問を記入してもらっている.
その中に,「今後インクジェットで成長できる市場,新規市場は何ですか?」という質問がある.それがわかっていれば苦労しない,というのがインクジェット技術部会メンバーの反応でもあり,私もそう思う.
確かにインクジェットは様々な応用が考えられ,全く新しいアプリケーションのみならず,既存市場の既存技術に替わる可能性を持っている.現に商業印刷やテキスタイルをはじめとする様々な産業印刷市場に参入しており,バイオや医療の世界,3Dプリンタにも少しづつであるが広がりを見せている.しかしビジネスとして大きな成功を収めている事例がどれほどあるだろうか.
どの市場が有力とか,成長が期待できるというのは市場の特徴にも大きく関わるし,技術以外の要因も大きいので,この答えには私は直接答えないようにしている.技術以外の要因の1つには,以下に記載するようにその参入方法,考え方も極めて大事であり,ここををうまくやらなければ,いくら技術やアプリケーションが優れていても,大きく成長できないのではないかと感じているからである.
例えとしてアナログ印刷市場へインクジェットで参入する場合,インクジェットのデジタル本質を活かした参入の仕方をしないと,コストなどの従来の価値軸での既存技術との競争になり,なかなか前に進まない.もちろん将来的にはコストも含め,既存技術をすべての項目で上回れば問題ないし,そこを目指すこともあきらめるべきではない.
しかしそこまでいかない場合,つまり他の特質ではまだ負けているが,こういう新しい価値があるという場合には,従来とは違うサプライチェーンというかバリューチェーンというか,そこまで構築して参入すべきだと思う.
例えば自社のプリンタを導入した印刷会社が安心してビジネスできるという保証をしてあげるために,日本中の少量のジョブを集めるシステムを構築して運用し,集めたジョブを,プリンタを購入していただいた印刷会社に提供する,そういう仕組みまで合わせて提供しようと考えている会社,実際に行っている会社がどれだけあるだろうか(正直に言えば似たようなことをやっている会社はあるにはあるが,プリンタ(インクジェット)を提供している会社ではないので,中途半端ではある).2019年4月17日に書いた記事は商業印刷ではなく,非常にまれなケースだと思うが実践している会社もある.
新規市場に参入する際には,ここまで踏み込んだ戦略,および戦術をたてて欲しい.技術者は技術だけに責任を持つのではなく,その技術の活かし方にも目を配り,取り組んで欲しい.
posted by インクジェット at 15:29| Comment(0) | Technology