2019年05月19日

Gutenberg Prize

Great Achievements and contributions to inkjet technologies and evolution concept to Three-dimensional technologies
2019年のJohann Gutenberg PrizeをIS&Tから受賞しました.先頭に書いた文章が,受賞理由です.
インクジェットでの研究実績が認められたのも嬉しいですが,受賞理由に「3Dへの進化論」というのが入っているのが,なお嬉しい.
確かに過去,IS&TのJournalにも何本かの論文を出していますが,高いレベルの論文を出している人は他にもいます.自分なりに受賞できた理由を分析すれば,単に技術的なレベルの高さだけではなく,インクジェット技術全体をMOT的に俯瞰した研究者・技術者は非常にユニークなんだと思います.もちろMOTの研究者がインクジェットをテーマーに取り上げて論じることは時々見られますが,インクジェット側からそういう見方をしたのはまれだと思うし,さらに分析するだけでなく,そこから導いた結論を自ら実践していることもインクジェット側にいるからこそできることだと思います.
グーテンベルクの発明した活版印刷は,革新的な技術であっただけでなく,その後ルネサンスの拡大や宗教革命につながるなど,社会を大きく変える手段になりました.グーテンベルク賞の受賞は,これまでの私のインクジェット,3Dの研究成果が次につながるものだと評価されたのだと考えたいし,この先,社会を大きく変えていくところまで,研究活動に関わっていきなさい,という使命を与えられたものだと改めて感じました.
posted by インクジェット at 14:24| Comment(0) | Technology

2019年05月13日

4DプリンタとHype Cycle

次週,4Dプリンタについて講演を行う先方にプレゼン資料を事前送付し,コメントをいただいた.
コメントの中に4Dと言えども所詮3Dの範疇の様に思えるので,革新的な,あるいは夢のある話も加えて頂きたい,というのがあった.
指摘はもっともで,3Dの世界に生きているわけで,4Dであっても3D技術の上に立脚せざるを得ないことは仕方がない.
ただ,単なる延長ではなく,非連続とも言える新規な価値を加える事が4番目の軸だと言うのが私の定義.
4Dに対する過度な期待は,技術進歩のためのリソース獲得には利用すべき時もあるが,気をつけないとコンシューマ用3DプリンタのHype Cycleと同じ事になる.
コンシューマ用3Dプリンタも,産業用3Dプリンタも2016年からHype Cycleから消えたが,その理由は異なる.
コンシューマ用は何でもできる「夢のような装置」の様に誤解を与え,材料の限界,データ作成の大変さから夢のような装置でない事がわかり,第3次ブームは去った.
一方,産業用3Dプリンタは,既存製造技術との単純比較ではなく,3Dプリンタだから出来る価値に気付いた人達により,着実に実用化が進んだ.
もちろん4Dも後者の道を進みたいが,研究を広げるべき今のステージでは,前者のような「夢」を語ることも大事である.
次週は,究極の機能実現と考える臓器再生を,夢の展開として加えるつもり.
https://www.inkcube.org/
posted by インクジェット at 13:25| Comment(0) | 3Dプリンタ